一般・審美・小児歯科・インプラント 平日は夜9時まで、土日診療あり

文字サイズ変更

小児歯科

小児歯科はとっても大事

子供の歯“どうせ永久歯にかわるんだからむし歯になってもかまわない“と思われてませんか?

お子様の歯はとってもデリケート。子どもの歯は大人の歯とまったく違います。
将来のことまで考えた治療を行っていかなければなりません。

実は子供の歯は、大人になってからの、かみ合わせ・歯並び・顎の発育に大きく影響します。歯並びや噛みあわせが悪いとコンプレックスになったり、むし歯になりやすかったりしますので、お子様の将来に大きな影響を及ぼしています。

小児歯科とはただ虫歯を治すだけではありません。大切なお子様の将来のためにお子様の歯に適切な治療を施し、正しい成長を促すのが小児歯科です。

子供のうちから虫歯を予防!

フッ素塗布で虫歯予防

生まれたばかりの赤ちゃんのお口にはむし歯菌(ミュータンス菌)はいません。
しかしながら、ひとたび菌が入り込むと、むし歯菌は増え、むし歯の原因になります。
ですから、幼いうちに菌の侵入を防ぐことや菌の数を増やさないようにすることはとても重要です。
むし歯菌の繁殖を抑えるのに有効な手段の1つにむし歯になりにくい歯を作るフッ素塗布があります。

フッ素塗布のメリット

フッ素を歯の表面に塗ることで、歯の表面のエナメル質を守り、むし歯菌の酸を作る働きを抑え、初期むし歯を修復し、むし歯になりにくい強い歯を作ります。
むし歯予防や、小さなお子様の初期むし歯におすすめの処置方法です。
フッ素の効果を持続させるためには3~6か月に一度受けることをおすすめします。

シーラントで虫歯予防

むし歯になりやすい奥歯の溝に、詰め物(フッ素入りのプラスチック系のレジン)を施してむし歯を防ぐ方法です。

6歳前後に生えてくる永久歯(六歳臼歯)はむし歯になりやすいため、特にこの方法が有効です。
生えたての未熟な歯がむし歯になるのを防ぎます。

食育で虫歯予防

小児歯科では、お子様の歯が正しく育つための正しい食事の仕方、お子さまに食べさせる食べ物の選び方の注意点などをお教えします。
むし歯にならないキシリ トール100%のガム(よく噛む習慣をつけ、唾液の分泌を促進する)やキシリトール100%のチョコレートを紹介しています。

毎日のブラッシングで虫歯予防

歯みがきは口の中の健康を保つためにはとても重要なことです。

上の歯が生え始めたら

水を含ませたガーゼや脱脂綿などを指先に巻き付けて、歯の表面の汚れをやさしく拭き取って下さい。

このころは手にしたものを何でも口に入れたがるので、歯ブラシを遊びの中に取り入れ、歯ブラシに慣れさせましょう。

また、お母さんは口の中を見る習慣を付けましょう。

一歳になったら

少なくとも、朝と晩の2回くらいは小さなやわらかい歯ブラシを使って、やさしく歯面の汚れを取ってあげましょう。

1歳6か月~2歳ごろ

自我がだいぶ強くなり、一人で歯みがきをしたがります。不十分ですから必ず後で見てあげましょう。
歯ブラシは子供の口の大きさにあったものを選んで下さい。

3歳過ぎたら

不十分ながら一人でみがけるようになります。
しっかりみがけるよう訓練をはじめましょう。
乳歯のむし歯が急増する時期ですので、必ずお母さんが仕上げみがきを行って下さい。
歯と歯の間も気を付けてあげて下さい。 みがいた後は忘れずにほめてあげましょう。

小児矯正について

「将来的に矯正治療が必要になるのか?」「いつから矯正を始めればいいのか?」
など、お子様の歯並びが心配で困っていませんか?

矯正治療の「必要性の有無」「開始時期」「治療法」はいろいろな要因を診査して総合的に判断するために、患者さまによってそれぞれ異なってきます。

取り外せるもの、就寝時だけ使用するもの等、お子様の症状により装置も色々な種類があります。
永久歯に生え変わるまでに治療した方が、症状を軽くしたり、抜歯や手術になる可能性が低くなる場合が多くありますので、生えて来た永久歯にご不安な点がありましたら、出来るだけ早めに小児歯科へご来院ください。

また、永久歯にうまく生え変わらせるための誘導的な治療も行えますので、生え変わりの時期には一度小児歯科を受診なさることをお勧めいたします。